北陸感じる...辻口シェフ監修「塩ぷりんロール」をスリーエフから

2015年3月13日 09:45
ハーフタイプ
ハーフタイプ

   スリーエフは、辻口博啓シェフ監修の「能登塩ぷりんロール」を2015年3月13日に復刻発売する。

   辻口シェフは、石川県出身のパティシエで、世界パティスリー大会など多くの世界大会にも出場している。

   今回の復刻発売は、3月14日に開通する北陸新幹線を記念したもの。以前発売した時には4万個以上を売り上げた。

   しょうゆを加えた生地で、濃厚なホイップクリームと塩プリンを巻いた。プリンに使われている塩は「能登わじまの海塩」。石川県輪島沖の海水でつくられていて、素材になじみやすいのが特長。ほんのりとした塩味と甘みのバランスが良い。

   価格はハーフタイプが1150円、個食タイプは250円(いずれも税込)。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ