玉村原風景写真館

2019年10月17日 10:00

   「平成」が終わり、「令和」の新時代を迎えた今、残された古い写真から、玉村町の足跡をたどります。「玉村町」という町名は明治22年(1889)の合併により生まれました。江戸時代には玉村宿・五料宿という日光例幣使道の2つの宿場が存在し20余りの村々から構成されていた玉村町域は、この合併により玉村町・芝根村・上陽村・滝川村となりました。 そして、時代を経て、昭和32年(1957)の町村合併のすえ、新しい玉村町が始まりました。さて、古写真は、明治から始まり昭和までを中心に、平成までを紹介します。当館では、寄贈や提供によって古い写真を収集し保存しています。それらは、企画展などで展示され、図録に掲載するなどして、活用させていただいてまいりました。このたび、それらの写真をまとめて展示(約160点)することで、新しい時代に、玉村町の歴史を振り返る機会となることを望みます。また、角渕八幡宮所蔵の玉村八幡宮の氏子村7村のうちの一番村の角渕・上之手の祭具が、久しぶりに展示されますので、この機会にぜひご覧ください。

イベント詳細ページへ

会期

2019年10月3日(木) ~ 12月22日(日)

会場

玉村町歴史資料館玉村町歴史資料館内フリ-スペ-ス(玉村町文化センタ-2階)

所在地

〒370-1105 群馬県玉村町福島325玉村町文化センター内

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ