いだてんに勝った男 | ~綿貫哲雄の生涯~

2019年6月26日 10:00

   綿貫哲雄博士は、明治18年(1885)吾妻郡中之条町(旧伊参村)大字蟻川の農家、綿貫四平・ふでの長男として生まれました。太田高等小学校の代用教員などを経て、東京高等師範学校へ進み、4年生の時には徒歩部の長距離競争で金栗四三に勝ったエピソードを持っています。大正3年(1914)には東京帝国大学哲学科を卒業し、大学院で『維新と革命』というユニークな社会学的研究を生み出しました。今回の企画展では、綿貫哲雄博士の社会学における学術的功績に加え、NKH大河ドラマ「いだてん」でも取り扱われた東京高等師範学校の徒歩部における活躍、嘉納治五郎先生の長女との結婚などのプライベートな側面を紹介します。また、「いだてん」にも登場する日本人初のオリンピック選手となった「日本のマラソンの父」金栗四三に関連して、中之条高校・中之条中学校の駅伝の実績なども紹介します。●企画展関連事業・ナイトミュージアムのギャラリートーク7月26日(金)18:00~18:30/19:00~19:308月30日(金)18:00~18:30/19:00~19:30

イベント詳細ページへ

会期

2019年7月12日(金) ~ 9月1日(日)

会場

中之条町歴史と民俗の博物館ミュゼ

所在地

〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町947-1

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ