いのち・いのり─原六郎コレクション

2018年11月 6日 10:00

   【前期】2018年10月6日[土]-11月21日[水]【後期】11月23日[金・祝]-2019年1月14日[月・祝]原六郎コレクションの中から生命(いのち)への賛歌や生きることへの祈りを感じ取れる作品を選んでご紹介します。前期では円山応挙の弟子にあたる森徹山と長沢盧雪の作品を、師である応挙の「淀川両岸図巻 下図」と共に展示します。森徹山「百鶴図屏風」は、日本では長寿の象徴として親しまれている鶴と松を画題に、力強い画面構成で描いた華やかな作品です。後期では、江戸中期絵画に影響を与えたといわれる中国画家沈南蘋(しんなんぴん)の作品を展示しますが、やはり鶴や松、蘭、薔薇など、不老長寿を暗示する題材を画面に配した構成が特徴的です。また、後期では「祈り」に通じる作品として、桃山時代に描かれた「仏涅槃図」なども出品の予定です。<出品作品>■古美術【全期】円山応挙「淀川両岸図巻下図」江戸時代/「ぶりぶり蒔絵徳利提」江戸時代【前期】長沢盧雪「躍馬図」、「群雀図」江戸時代/「漁父童子図」清時代/森徹山「百鶴図屏風」江戸時代/伝酒井抱一「寿老草花図」江戸時代【後期】「仏涅槃図」桃山時代/沈南蘋「双鶴桂子蘭孫図」「老松白鶴図」清時代/司馬江漢「冨嶽図」江戸時代/林登科「藻魚図」清時代/谷文晁「山水図」江戸時代/横山大観「海辺曙色図」明治時代■現代美術出品作家アニッシュカプーア/杉本博司/米田知子 など

イベント詳細ページへ

会期

2018年10月6日(土) ~ 2019年1月14日(月)

会場

ハラミュージアムアーク

所在地

〒377-0027 群馬県渋川市金井2855-1

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ