「DV疑惑」「育児放棄」... 草津熱帯圏のカピバラ解説が想像以上にハードだった

2020年2月 3日 06:00
草津熱帯圏のカピバラの解説 (画像提供はすべて草津熱帯圏)
草津熱帯圏のカピバラの解説 (画像提供はすべて草津熱帯圏)

草津といえば「温泉」だ。日本を代表する温泉地の一つとして、古来より有名なところだ。ここにある温泉熱を利用した動物園をご存じだろうか。高さ15メートルのドームに、150種類の亜熱帯の野生動物が飼育されているという、「草津熱帯圏」だ。

熱帯園(えん)ではなくて、熱帯圏(けん)と名付けられているのもユニークだが、掲示されている解説がとてもユニークだと、いまツイッターなどSNSで話題となっている。

上の写真は、その一例だ。人気のカピバラの家族構成を、飼育員の手描きのイラストと文章で紹介している。眺めてみると、父カピバラの「DV疑惑」に言及していたり、母カピバラの「育児放棄」の事実を述べていたりなど、なかなかインパクトがある。

ツイッターには、「飼育員さん、よく観察なさってて立派です。そして愛も感じます。愛がなくちゃこのキレは出せません」「センスの塊だな~」などといった、絶賛の声が寄せられている。

いったいどんな人がユニークな解説を作っているのだろう。Jタウンネット編集部は詳しい話を聞いてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ