合言葉は「門司のために」 北九州発の焼酎「地芋」には、地元への想いが詰まっていた

2019年11月12日 12:00
提供元:北九州市
town20191101184444.jpg

大人にとって最大の娯楽といっても過言ではない「お酒」。筆者も例にもれず大好きで、ビール、ハイボール、カクテル、梅酒、日本酒、焼酎水割り...。気の向くままにちゃんぽんしては、翌日しっかりと二日酔いになっている。

そろそろお酒の仕事が来てもいいのではないだろうか――?そう思っていたところに舞い込んだのが、北九州市の門司区で2019年に誕生したばかりの芋焼酎「地芋」の取材だ。

門司といえば、大正時代に最も栄えたというオシャレな観光スポット「門司港レトロ」で知られる。海を眺めながらおいしい芋焼酎が飲めるということだろうか。最高だ。

初の九州上陸ということもあり、ワクワクしながらその日を待ちわびる筆者。しかし現実はそんなに甘くない。なぜか「農作業できる汚れてもいい服」を指定された。

そう、後に聞いて分かったのだが、今回のミッションは芋焼酎「地芋」造りを、素材を収穫する「芋掘り」から体験してくることだった。

「芋掘りなんて何年ぶりだろう...」。そんな一抹の不安を抱えながら、筆者は北九州市へ飛び立った。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ