沖縄モノレールの乗車券、なぜQRコード? →実は「気候」が関係していた

2019年8月20日 11:00

乗車券といえば改札機に通すのが一般的だが、沖縄都市モノレール「ゆいレール」では、ちょっと珍しいやり方を採用している。

乗車券にQRコードが(画像は悠@sodehichiteさん提供)
乗車券にQRコードが(画像は悠@sodehichiteさん提供)

普通の切符に見えるが、そこに印刷されているのはQRコードだ。券売機で乗車券を買い、改札機でコードを読み取り、回収箱に入れるというシステム。QRコード式の乗車券は、広島の交通システム「スカイレール」や北九州モノレールなどでも採用されている。

初めて見るという人も多いのではないだろうか。この方法に、ツイッターでは、

「ゆいレールの切符が面白い、斬新」
「外見から普通の切符と勘違いして混乱」
「改札で切符の投入口が見つからなくて『!?』となって、後ろの方に迷惑をかけてしまったかもしれないことを、ここにお詫びいたします」

といった声が寄せられている。

観光客の多い沖縄だけに、勝手が分からず戸惑う利用者もいるようだが、なぜQRコードなのか。Jタウンネットは2019年8月19日、沖縄都市モノレールの総務部総務課の担当者に取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ