この発想はなかった...! どんな絵本もSFに変える「物語を台無しにするしおり」がこちら

2020年7月19日 17:00

「気をつけて使わないと物語を台無しにしてしまいます」

そんな「しおり」がツイッターで注目を集めている。それがこちら。

UFOの形のしおり(ちーずさんのツイートより)
UFOの形のしおり(ちーずさんのツイートより)

こちらは、ツイッターユーザーのちーず(@kurumilkcheese)さんが2020年7月16日に投稿した写真。

レジンを使って自分で作ったというしおりは、UFOの形をしている。UFOからは黄色い光線が放たれ、人や牛がその光にとらわれている。

まさに、トラクタービーム(SF作品に登場する物体を引き寄せる光線)で、宇宙人にアブダクション(誘拐)されている真っ最中、といったところだ。

確かに、しおりにしては楽しいデザインだが、「物語を台無しにする」とはどういうことなのだろう。

ちーずさんは、子供たちが大好きなあの物語を「台無し」にしてみせた。

しおりが置かれたのは、ロングセラー絵本「ぐりとぐら」シリーズ(作・中川李枝子、絵・大村百合子)の上。

雪が積もった原っぱの上に牛の影入りのしおりをのせると、まるで「ぐら」が牛が連れ去られる瞬間を目撃してしまったかのよう。また、ビームの中に何も書かれていないしおりをつかえば、「ぐり」が今にもUFOにさらわれてしまいそうなシーンに見えてくる。ほんわかした絵本が、一瞬でSFだ。

「ミステリーだと犯人は全て宇宙人のせいにできます。ホラーでも可」

とちーずさんは続けている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ