鳥と魚のキメラみたい? 見た目がシュールすぎる和菓子「下剋上鮎」開発秘話を聞いた

2020年1月19日 11:00

鵜を使ってアユなどを獲る「鵜飼」。岐阜県を流れる長良川の鵜飼が全国的に有名だ。

鵜にパクっと咥えられるアユの姿が見られる鵜飼だが、その関係が逆転するシュールな和菓子がツイッターで話題になっている。

こんな日が来るなんて「下剋上鮎」(編集部撮影)
こんな日が来るなんて「下剋上鮎」(編集部撮影)

その名も「下剋上鮎」。

ここぞとばかりに鵜に襲い掛かるアユ。鵜は思ってもみなかった攻撃を受け、面食らったような顔をしている。通常なら考えられない光景だ。

下剋上鮎は明治41年(1908年)創業の老舗和菓子店・玉井屋本舗岐阜市)が2019年12月に発売。ツイッターではこの和菓子に対し、

「名前と見た目がおもしろい!」
「巷で噂の下剋上鮎買ってきた!かわいいし美味しい!」
「なんとも言えない良い顔してる」

といった声が寄せられ、話題になっている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
ひろしまサンドボックスチャンネル
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ