モナカに入ったわらび餅が「素晴らしい」 食べ歩きOK、完食すればゴミも出ない

2019年4月21日 12:00
モナカも食べてゴミが出ない(画像提供:博多一番太鼓、以下同)
モナカも食べてゴミが出ない(画像提供:博多一番太鼓、以下同)

冷たい「わらび餅」にきな粉をかけて、がぶりと頬張る。なんとも言えない幸せを感じる瞬間だ。歯ごたえと弾力、ほの甘い食感がたまらなくクセになる。

そんな「わらび餅」を通りすがりの屋台で買ったところ、モナカの皮の容器に入っていた。これなら片手で食べられて、ゴミも残らない――そんな感激のツイートが投稿され、話題となっている。

ツイッターにはこんな感想が寄せられている。

「これは...なんて工夫だ! 手も汚さず、片手で食べられるし、モナカで包んでいるためこぼさないし、モナカがそのまま食べられるためゴミも出ない!なんてこと!」
「天才か!?」
「素晴らしい...これで100円 こういう屋台良いなぁ」

この「わらび餅」の屋台はどうやら福岡市にあるらしい。Jタウンネット編集部は、電話で詳しい話を聞いてみた。

アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ