グセアルス展 パターン・シード | 漂う未来模様

2019年3月 5日 10:00

   河川敷や海岸などに流れ着いた陶磁器のかけらを使って、新たな模様を創作する2人組のアーティスト「gusears(グセアルス)」。当館の開館前には、プレイベントとして「washedpatternTAJIMI~欠片から生まれる未来の模様~」(2015年)を開催いたしました。今回の特別展「パターン・シード」では、グセアルスが生み出す模様(パターン)と、それぞれの模様の種(シード)となった陶磁器片とを展示。さらに、コレクションの「笠原茶碗」や多治見市が所蔵する陶磁器片等を展示します。これは、タイル製造が始まる前の時代の多治見と、グセアルスの「未来の模様」をつなぐ試みです。「『シード』とは、それぞれの模様の子孫であり種であり、陶片そのもの」と述べるグセアルス。過去の陶片と現在・未来のタイルが行きかう不思議な時空間へお越しください。

イベント詳細ページへ

会期

2019年2月2日(土) ~ 5月12日(日)

会場

多治見市モザイクタイルミュージアム

所在地

〒507-0901 岐阜県多治見市笠原町2082-5

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

20190313touden2.jpg

クイーンズ伊勢丹のバイヤーに聞く「福島牛」の現在とは

20190222koshiduka_a.jpg

駅内の人気店も待望の復活。一風変わったスタバも出店します。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ