皇帝が怪物を退治→刻んで包んでペロリ 大阪王将の看板に書かれた「餃子の元祖」が怖すぎると話題

2020年8月 9日 20:00

大手餃子チェーン店・大阪王将のある店舗に掲げられた看板が、「怖すぎる」とツイッターで話題を呼んでいる。

大手餃子チェーン店・大阪王将のある店舗に掲げられた看板が、「怖すぎる」とツイッターで話題を呼んでいる。

餃子の元祖、怖い...(画像はひにしあい@sunwest1さん提供)
餃子の元祖、怖い...(画像はひにしあい@sunwest1さん提供)

その看板に書かれた内容がこちら。

「清の太祖は、若い時分のある大みそかに、
凶悪な怪物を退治して村の厄を取り除いたのだそうです。
その折り村人はたいそう喜び、その肉を刻み、
小麦粉の皮に包み、食べたのだそうで、
これが餃子の元祖ということです」

清の太祖とは、中国本土やモンゴルを支配した清王朝(1616~1912年)の初代皇帝・ヌルハチのこと。彼が倒した怪物の肉を、村人が皮に包んで食べたのが餃子の始まりだ、というのだ。怪物の肉を刻んで食べたとは...村人たち、肝がすわりすぎている。

看板の写真を投稿したのは、ツイッターユーザーのひにしあい(@sunwest1)さん。撮影したのは2020年4月にオープンした千歳船橋店(東京都世田谷区)だ。

ひにしあいさんの投稿に対し、他のユーザーからは、

「ほんまでっか?!」
「餃子好きなのに...」
「やだ怖い。でも俺餃子のこと嫌いになれねえよ...」

といった声が寄せられている。にわかに信じがたい話であるため、なかには怪物の正体を「人里を荒らす熊や猪」ではないかと想像するユーザーいた。

担当者「何らかの文献を参考に...」

Jタウンネットは2020年8月4日、大阪王将を運営するイートアンド(東京本社・品川区)の広報担当者に詳しい話を聞いた。

大阪王将 千歳船橋店(画像はひにしあい@sunwest1さん提供)
大阪王将 千歳船橋店(画像はひにしあい@sunwest1さん提供)

投稿者のひにしあいさんが撮影した千歳船橋店は、オープン当初からこの看板を掲げている。出店の際に、餃子の元祖についての説明を載せることになった、と担当者は説明する。

このなかなかに現実離れした由来を、なぜ看板に書くことにしたのだろう。

担当者によると、「餃子の元祖」についての説明は創業期の大阪王将の店内にも掲示されていた。それは何らかの古い文献を参考にしたものだったそうだが、

「創業期のことになりますため、(詳細については)社内で回答できる者がいない状況です」

と担当者は話している。

千歳船橋店に書かれているのは、その店内に掲示されていたという文章をデザイナーが一部編集したものだそう。

ちなみに、大阪王将の黄色い看板に違和感がある人もいるかもしれないが、これも創業期に使われていたカラーだという。大阪王将が昨年50周年を迎えたのを機に「原点回帰」の意味を込めて、一部店舗の看板を黄色くしたそうだ。

看板に餃子の元祖の説明を載せているのは千歳船橋店のみ。このほかには西五反田店が店内に説明を掲示しているが、その他の店舗がこの説明を取り扱っているかは分からないという。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ