芸が細かい!関ケ原のコインロッカーは、武将の「兵力」でサイズが変わる

2019年3月11日 18:00

岐阜県の関ケ原町にあるコインロッカーが、いまツイッターで話題になっている。

関ケ原といえば、1600年、石田三成率いる西軍と徳川家康率いる東軍が激突した古戦場だ。天下分け目の戦いが繰り広げられた場所である。その関ヶ原町の観光案内、おみやげショップや休憩スペースなどがある、古戦場巡りの拠点は「関ケ原駅前観光交流館」という。

ここのロッカーは、関ヶ原ゆかりの武将たちの家紋と名前が、大きく掲げられている。ツイッターに「大身な大名のロッカーほど料金が高くなる」という指摘が投稿された。

いったい、どういうことなのだろう。Jタウンネット編集部が詳しい話を聞いてみることにした。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ