北九州でワインを造る! 構想20年、小さなワイナリーが特区で生まれた

2018年9月24日 20:00

地産地消のワインを目指して

town20180919124548.jpg

この土地で生まれたワインには、どんな料理を合わせるのがいいのだろう。

「地元で栽培して、醸造して、飲んでもらうってのが理想ですね。ワインを精一杯作ることしか、ぼくにはできないんで、『どういう味付けの料理に合うんですよ』と言うのは難しいです。せっかく海が近い地域なので、将来は福岡の海の幸に合うような白ワインができればなとは思いますが......」

この夏は、赤ワイン用の品種「メルロー」に加えて、白ワインになる「シャルドネ」や「シュナン・ブラン」の栽培も始めた。農園でひと粒食べさせてもらうと、甘さとともに皮の渋みも感じられる。これが熟成されるにつれて、「深み」に変わっていくのだろう。

town20180919124622.jpg

ワインラベルには灯台が描かれているが、近所にそのモデルがあるという。藤田さんのご厚意に甘えて、車で10分ほどの距離にある、妙見崎灯台へ連れて行ってもらった。空と海の青に、灯台の白が映える。汐風香るこの若松から、きょうも藤田さんは「北九州ワイン」づくりに取り組んでいる。

(Jタウンネット編集長 城戸譲)

town20180919124639.jpg

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ