特別展 京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ

2019年3月 6日 10:00

   千本釈迦堂の名で親しまれる京都の大報恩寺は、鎌倉時代の承久2年(1220)に義空上人が開創した古刹です。人々の協力を得ながら、次第に寺観が整えられ、その後は天皇のお墨付きを得た御願寺として認定され、高い格式を誇りました。本尊は、快慶の-番弟子、行快が制作した釈迦如来坐像で、行快の代表作のーつです。釈迦如来坐像に侍り立つのは、あまたの釈迦の弟子から選りすぐられた10人の憎侶の像。この十大弟子立像は、快慶の最晩年の作として知られています。またこのほかに、運慶晩年の弟子・肥後定慶による六観音菩薩像が6体そろって残されているのも、希少なことといえます。本展覧会では、これら大報恩寺に伝わる「慶派仏師」の名作を紹介いたします。運慶同世代の快慶、そして運慶次世代の名匠たちによる鎌倉彫刻の競演をお楽しみください。【お問い合わせ】ハローダイヤル:050-5542-8600(8:00~22:00/年中無休)

集合画像

イベント詳細ページへ

会期

2019年4月23日(火) ~ 6月16日(日)

会場

九州国立博物館

所在地

〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7番2号

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ