平成30年度新春企画展「玉龍と朝鮮―郷土の日本画家・徳田玉龍Part4―」

2019年1月 8日 10:00

   旧甘木市出身の日本画家、徳田玉龍(1883-1958)。遺族より作品の寄贈を受け、甘木歴史資料館には玉龍コレクションが形成されました。当館では、3ヵ年にわたり晩年の大作である≪富嶽百景≫全十巻を中心に、彼の画業について紹介を続けています。玉龍展第4回目を迎える今年度は、彼の画業のうち最も重要と考えられる、朝鮮における活動期に着目した展示を試みます。本展では、引き続き≪富嶽百景≫にみる玉龍の「山」への憧憬を追うとともに、朝鮮の風俗画、金剛山図の数々を初公開し、玉龍作品にうつる朝鮮の姿にも光を当てます。

イベント詳細ページへ

会期

2019年1月5日(土) ~ 2月11日(月)

会場

甘木歴史資料館

所在地

〒838-0068 福岡県朝倉市甘木216-2

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ