IC乗車券の名前って、なんでみんなダジャレなの?

2014年11月27日 19:10

北九州モノレールを運営する北九州高速鉄道は2014年11月26日、来年秋に導入するICカード式乗車券の愛称を「mono SUGOCA(モノスゴカ)」に決定したと発表した。

その名前の由来は、といえば、JR九州の「SUGOCA(スゴカ)」のモノレール版ということで、「『モノ』スゴカ」......つまりはダジャレである。微妙にうまいのが悔しいところ。北九州高速鉄道は「ICカードで『も』っと『乗(の)』ろう」という意味が込められている――と主張するが、さすがにこれは後付け感が漂う。なお応募総数705件のうち、類似アイデアを含む282件がモノスゴカだったとのこと。

モノスゴカのカードデザイン(北九州高速鉄道・JR九州のプレスリリースより)
モノスゴカのカードデザイン(北九州高速鉄道・JR九州のプレスリリースより)

それにしても、近年各地に誕生しているIC乗車券の名前って、妙に「ダジャレ」が多い気がしないだろうか。

Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ