こう見えて伝統工芸品! 高知の鍛冶職人が作る「くじらナイフ」がとってもキュート

2019年12月 8日 17:00

細かい作業をする時に便利な小型のナイフ。包丁を小さくしたような刃に柄の付いたものが一般的だが、ツイッターでは「ある生物」をモチーフにしたナイフが注目を集めている。

それがこちらだ。

かわいい...(画像は土佐打刃物屋提供)
かわいい...(画像は土佐打刃物屋提供)

その名も「くじらナイフ」。モチーフとなっているのは文字通り「クジラ」だ。筋の入った頭側の部分が刃になり、尾ひれにかけて持ち手になっている。刃物であることを疑うくらいキュートなデザインだ。

ツイッターではこのくじらナイフに対し、

「すごく可愛いですね わたしも飼いたいです」
「クジラナイフ、以前貰ってお気に入りです」
「ああああああクジラナイフ売ってるところ見つけたので買います」

といった声が寄せられている。

かわいいデザインについ目が行ってしまうが、くじらナイフは高知の伝統工芸品・土佐打刃物。江戸時代から本格的に始まった製法で、鍛造から刃付け、仕上げまでを職人が一貫して行いるのが特徴だ。

くじらナイフは店頭・オンライン含め複数の店舗で取り扱っている。Jタウンネットは2019年12月5日、くじらナイフを販売するオンラインショップ「土佐打刃物屋」の担当者に詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ