オンライン授業で「学生の負担」増える理由 その原理を解説したイメージ図に共感「ほんとそれ」

2020年6月 2日 11:00

新型コロナウイルスの影響で、オンライン授業を導入した大学は少なくない。

学生さんにお聞きしたいのだが、平時と比べて教員が出す課題は増えただろうか。それとも減っただろうか。

増えた!と思った人であれば、こちらの投稿にきっと共感できるはずだ。

こちらは、現役大学生でツイッターユーザーの「大磯のみっきー」さんの投稿だ。

1枚目は「教員視点(勝手なイメージ)」という図である。中央の教員には「家だし楽だよね!」という吹き出しが付けられ、矢印が学生の方向へ向いている。教員が複数の学生に一斉に課題を与える図だ。

オンライン授業によって、通学時間がなくなり家で勉強する学生も多いだろう。もしも、複数の教員が「家だし...」という発想のもと、課題を出したとしたら...。

その状況を表したのが、2つ目の「学生視点」の図である。

学生視点の図(画像は大磯のみっきーさんから)
学生視点の図(画像は大磯のみっきーさんから)

「家だし楽だよね!」という吹き出しが付けられた5人の教員が、1人の学生に課題を与える図である。授業数が増えれば増えるほど、課題も...、といった具合である。

もちろん、投稿者は大学生であって教員ではない。あくまで右下にあるように「画像は主観です」とのことだが...。しかし、これらの図を見た学生からは、ツイッターに、

「ほんとにそれです」
「本当にこの図の通りだと思います 確かに『学生は勉強してなんぼ』だとは思いますが私の通わせていただいてる学校も1教科ごとにかなり宿題が出ています」
「たまに他の課題忙しいだろうから、って言って考慮してくれる先生がいると好感度爆上がり」

といった共感の声が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ