ショックなこと聞いたとき、「ガーン」って言う?【年代別アンケート】

2020年1月15日 08:00
town20200114174938.jpg

いまツイッター上で、こんな話題が拡散している。

「ショックなこと聞いて、『ガーン』と発声するのは、中年以上だけらしい......」

この投稿を見て、思わず「ガーン」と言ってしまった読者も少なくないだろう。

そもそも「ガーン」のルーツは、いつごろから......?

よく知られているのが、1960年代の人気漫画「巨人の星」が初出という説だ。主人公・星飛雄馬が衝撃を受ける心情に、「ガーン」という言葉が使用されたのが始まりということだが、どうだろう。

真偽のほどは定かではないが、当時の純情一途な少年少女たちは、ことあるたびに「ガーン」と言っていたようだ。

「ガーン」はその後も使われ続けた。1990年代のアニメ『ちびまる子ちゃん』の中でも、盛んに「ガーン」が登場していたように記憶する。まる子がおじいちゃん子だったせいかもしれないが、「ガーン」の頻度はかなり高かったような......。

それでは最近は、ショックなこと聞いたとき、「ガーン」以外にどんな言葉を使っているのだろうか。ツイッターにはさまざまな反応が寄せられている。

「ガビーン」「どっひゃー」「ズコーッ」「チーン...」

どうやら、いつのまにか「ガーン」は、使われなくなっているらしい。「ガーン」

ということで、読者の皆様にお聞きしたい。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ