岩波版「涼宮ハルヒ」はこんな感じ? クオリティが高すぎる妄想表紙が話題

2019年11月 3日 18:00

国内外の古典文学や学術書をそろえる「岩波文庫」。1927年(昭和2年)創刊、日本で最も格式高い文庫レーベルといっても過言ではないだろう。

日本文学(緑)や海外文学(青)などジャンルで色分けはされているものの、基本的にどの書籍も同じ装丁となっていることが特徴。本屋の棚にズラっと並ぶ薄茶色の背表紙を見ると、どこか重みのようなものすら感じられる。

そんな岩波文庫に、もしあの名作ライトノベルが入ったら――。たぶん、こういった雰囲気になるのだろう。

おお、本物っぽい...。画像は沼田碧湖さん(@2674n)のツイートより
おお、本物っぽい...。画像は沼田碧湖さん(@2674n)のツイートより

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ