「精霊様」を相手に相撲を取る 今治・大山祇神社に伝わる神事

2018年6月13日 17:15

のこった、のこった――。だが土俵上には、審判と力士がそれぞれ1人。力士は見えない相手と相撲を取り、劣勢に追い込まれ、土俵外に出た。

なにを書いているのか、と思われる読者もいるだろう。これは、大山祇(おおやまづみ)神社(愛媛県今治市)で旧暦の5月と9月に行われている神事、一人角力(ひとりずもう)だ。

どのような相撲なのか、いつから始まったのかなど、Jタウンネット編集部は神社や力士に聞いてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ