コレクション展「名品」「関西美術院の画家たち」「彩る金・銀・銅」

2020年5月27日 10:00

   【名品】千葉県立美術館では、千葉県ゆかりの作品を中心に、約2800点の作品を収蔵しています。本展では、この中から、コレクションの主軸となる佐倉藩出身の近代洋画の先駆者・浅井忠の作品をはじめ、浅井が影響を受けたミレー等バルビゾン派の絵画、また県指定有形文化財に指定された浅井忠の《漁婦》と石井林響の《木華開耶姫》、さらに近年の新収蔵品として原勝郎の《夫人像》など、厳選して紹介します。【関西美術院の画家たち】1902年にパリから帰国した浅井忠は、京都に拠点を写し、優れた教育者として後進の指導にあたりました。1906年に浅井忠を院長として開設した関西美術院では、洋画の研究所・美術学校として臨本模写、石膏模写写生、人体写生などの実習と美術史の講義などが行われ、著名な梅原龍三郎などのほか、浅井の瀟洒な水彩に影響を受けた画家を多数輩出しました。本展では、関西美術院で指導した画家たち、学んだ画家たちの油彩や水彩約30点を展示します。【彩る金・銀・銅】金・銀・銅は、古今東西を問わず、美術作品の中で使用されてきました。同じ作家でも、作品によってその使い方を変えて、新たな表現に挑戦しています。今回は以下の7つのテーマにより、金・銀・銅が効果的に生かされている日本画・洋画・版画・工芸の作品、約40点を紹介します。

イベント詳細ページへ

会期

2020年5月26日(火) ~ 7月12日(日)

会場

千葉県立美術館

所在地

〒260-0024 千葉県千葉市中央区中央港1-10-1

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
ひろしまサンドボックスチャンネル
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ