もし事故ったら「病院搬送まで2時間」 絶対に安全運転したくなる看板が北海道にあった

2020年9月19日 08:00

交通事故の多発をきっかけに...

Jタウンネットが投稿者の神威バズ(@red_baz)さんに話を聞いたところ、看板は20年9月3日、幌加内町の国道239号線上で発見。バイクツーリング中に見かけたといい、

「携帯の電波が圏外の所もあるようなルートなので、リアルに感じて安全運転をしなければと思いました」

と当時を振り返った。

このインパクトある看板は、どのような経緯で誕生したのか――。Jタウンネットは看板を考案したという、荒井建設(北海道旭川市)の大森伸樹さん(42)に設置当時の話を聞くことができた。

荒井建設から提供された資料によれば、看板を霧立峠に設置したのは19年8月。4月、6月、7月と3件立て続けに交通事故(死亡事故含む)が発生したことがきっかけだった。

事故当時、荒井建設は現場付近で工事を進めており、大森さんは現場の所長を務めていた。看板は霧立峠での事故多発を受け、警察署と協力して立てたという。

「警察署の人も悩んでて、じゃあ看板立てていいですかってことで立てました。一度デザインを見せたら、署長も喜んでくれました」(大森さん)

看板は異なるデザインのものを、霧立峠に5つ設置した。文言は大森さんが考え、デザインはデザイナーが担当したそうだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ