高濃度アルコールの中で「ダントツに美味しい」 バー店主が絶賛する70度ウイスキーとは

2020年6月 5日 11:00

新型コロナウイルス感染拡大で、消毒用アルコール(エタノール)が長らくドラッグストアの店頭から消えていた。

そんな消毒液の代替品として注目を集めたのが、全国各地の酒造メーカーが製造する高濃度アルコール商品だ。その味については、Jタウンネット記者も過去にレポートしている(消毒に使うなんて勿体ない? 話題の65度ウォッカ、試しに飲んでみたら...)。

そんな高濃度アルコール商品について、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。

「いくつか試したけど今のところこれがダントツに美味しい」というコメントに目を引き付けられた人が多かったようだ。

2020年5月28日、このツイートを投稿したのは、東京都練馬区、江古田駅南口でバー「KEITH(キース)」を経営するアマノさんだ。バーのマスターが「ダントツに美味しい」と絶賛する、高濃度アルコール商品とはいったいどんなもの? 

Jタウンネット編集部は、投稿者のアマノさん(@glenkeith1970)と、彼が絶賛した高濃度ウイスキーを製造する茨城県那珂市の木内酒造合資会社に取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ