カラフルで幻想的、タピオカよりも美しい。仙台銘菓「九重」が密かなブーム

2019年7月13日 12:00

タピオカが流行し始めて久しいが、そろそろ飽きてきた人もいるかもしれない。そんな人におすすめしたい仙台の和菓子が、ツイッターで話題になっている。

それは、九重本舗玉澤(本社・仙台市)が製造・販売する「九重(ここのえ)」だ。

途中経過に見とれてしまう
途中経過に見とれてしまう

もち米・砂糖などで作られた小さな粒状のお菓子で、それぞれ緑、黄色、薄紫と色鮮やかだ。お湯、もしくは冷水に入れると、徐々に水が着色され、粒が浮かびあがる。見た目としては、カラフルなタピオカといった印象だ。

その美しさからツイッターで話題となり、NHKなどのメディアに取り上げられるなど改めて注目を集めている。

タピオカの裏でささやかに流行り始めた九重を、筆者もさっそく飲んでみた。

ほどよい甘さが夏にぴったり

九重本舗玉澤は1675年に「御用御菓子司」として開業。

1901年、明治天皇が仙台に来た際に創製中の菓子を献上したところ、同行していた公家の東久世道禧(ひがしくぜ みちとみ)が、万葉集の古歌にちなんで「九重」と命名したという。

そんな歴史ある和菓子だが、商品はお手軽に買うことができる。楽天の通販で購入したところ、商品自体は税込486円だった。

届いた九重
届いた九重

緑はひき茶、黄色はゆず、薄紫はぶどうとなっている。作り方は1袋(15グラム)の九重を器に入れ、100ccのお湯もしくは水を注ぐだけ。九重と水の量で甘みを調節することができる。

今回は7月ということで冷水を使い、九重は半分くらいの量を使った。

小さいので飛び散らないよう注意
小さいので飛び散らないよう注意

色づいていく様子が美しい
色づいていく様子が美しい

水を注ぐと白くなった粒(ゆずは黄色のまま)がゆっくり浮かび上がってくる。

いつまでも見ていられるような幻想的な光景だ。色味が下の方に沈んでいるのだが、その様子も美しい。通りすがりの中年男性社員が「おじさんから見てもきれいだと思う」と謎の言葉を残していくほど、惹きつけるものがある。

まずはひき茶から飲んでみる。小さな粒からは想像できない深い抹茶のような味だ。ゆずはわかりづらいが、粒を噛むとほんのりと風味が漂う。ぶどうは酸味が感じられた。薄めに作ったはずだが全体的にほどよい甘さ、粒のサクサク感が感じられ、夏の午後にぴったりだ。

少し九重を増量、混ぜてみた
少し九重を増量、混ぜてみた

ヨーグルトにかけてみた

九重の楽しみ方はドリンクだけではない。パッケージを見ると、ソーダ割り、ホットミルク割り、紅茶に浮かべる、ヨーグルトにかけるなど、様々なアレンジが紹介されている。

筆者も余った九重をヨーグルトにかけてみた。

かわいい
かわいい

食感が良い
食感が良い

ヨーグルトにかけたばかりの九重は固く、ポリポリした食感を楽しめる。しかしヨーグルトを混ぜ、時間が経つと、ヨーグルトの水分で九重が柔らかくなる。こちらの方が味が染みて美味しく食べることができた。

混ぜると柔らかくなる
混ぜると柔らかくなる

筆者としては飲み物よりヨーグルトにかける方が好みだ。

買った人はぜひ、いろいろな食べ方で楽しんでほしい。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ