「常に準備をしておく!」ねじの教えに我が意を得たり。

2020年10月20日 07:57

日本のコーチは教え過ぎ!? 日米のコーチの根本的な違い

 昔と違っていまはインターネットなどの検索でいろいろな情報が手軽に手に入れられる時代です。親御さんもそうですが、子どもたちも知識豊富で頭でっかちの傾向が強いようです。すべてがダメだとはいいませんが、やはり安易に得たものはしっかり身につかない。いろいろ試してみたけれどあまりうまくいかなかったことや失敗や苦労、ムダになることが多くても、自分の頭で考え行動に起こしたことは、しっかり身についていきます。  

 西武のバッティングピッチャーを辞めたあと、ニューヨーク・メッツの春季キャンプに帯同したことは既述しましたが、当時のメッツには野茂英雄投手と吉井理人と投手がいました。いうまでもなく、野茂投手はトルネード投法で「NOMOマニア」という言葉が生まれるほど全米を魅了、ロサンゼルス・ドジャースとボストン・レッドソックス時代、それぞれノーヒットノーランを達成した大投手。吉井投手も近鉄を皮切りに日本、アメリカで活躍し、現在は千葉ロッテマリーンズのピッチングコーチ......この二人とキャンプ中にお話をする機会に恵まれたとき〈日本とアメリカの違い〉が話題になり、二人の一致した意見はコーチの考え方がまったく違うということでした。

 日本のコーチは「こうしなさい」「こうしたほうがいい」という指示をするけれど、アメリカのコーチは「お前は何がしたいんだ。まずはお前の考えを聞かせろ」ということからスタートするということです。 逆にいえば自分の考え、自分の思いがなければ何もアドバイスしてもらえない、相手にしてもらえないということでもあります。必然的に上から指示を出されて「やらされる練習」ではなく、自分で考えて「やる練習」となる、自分の意志で自分の責任で準備していくわけです。

あれこれ ワードスプリング

大手出版社、老舗出版社、一部上場企業、世界遺産の神社仏閣、地方自治体などと連携してユニークな書籍を編集したり、発行したり……、あるいはこれまでにないオリジナリティあふれるイベントやキャンペーンを多数企画し、話題を提供し続けています。
株式会社ワードスプリング:https://www.wordspring.co/
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
ひろしまサンドボックスチャンネル
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ