ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

「今にも折れそうな市町村ランキング」に大反響 1位・立科町もコメント「なんとかくっついております」

松葉 純一

松葉 純一

2022.06.22 17:00

自分が住んでいる市町村のカタチを気にしたことって、あるだろうか。意識したこともない人も、少なくないはずだ。ただ、どうしても気になってしまう場合も......あるようだ。

2022年6月15日、あるツイッターユーザーが投稿したツイートがいま話題となっている。

地形や地名、地図などに関する動画を数多く発表している地理系YouTuber「おもしろ地理」さんが自身のツイッターアカウント(@omoshirochiri)投稿したツイートには、「今にも折れそうな市町村ランキング」というコメントが添えられており、1万件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散している(6月19日現在)。

「今にも折れそうな」とはどういうことだろう。画像を見ると、そのランキングのベスト3が並んでいる。

3位は、甲府市。「細長すぎて、野球に使えそう」という解説付きだ。たしかにバットのように見えなくもない。ずいぶん飛びそうだ。大谷翔平選手ならホームランを量産するかもしれない。

「おもしろ地理」(@omoshirochiri)さんのツイートより
「おもしろ地理」(@omoshirochiri)さんのツイートより

さらに2位は、松本市、「ブーメランにしたら、たくさん飛びそう」。1位は、立科町「えっ、くっついて...るか」――北部と南部が、一点でギリギリつながっているような形だ。

それにしても、「今にも折れそうな市町村ランキング」とは、なんという発想だろう。着眼点が素晴らしい。自分が住んでいる市町村の形を、こんな観点から見直すことって、なかなかあるものではない。いったいどういうきっかけから生まれたのだろう。

Jタウンネット記者は、投稿者「おもしろ地理」さんに詳しい話を聞いてみた。

「キングオブ折れそうな市町村」とは?
続きを読む
PAGETOP