ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
猛者
あの時はありがとう
自販機
家族

「なんで楽しくなくなってしまったのだろう...」 雪が降る日、大人の心を支配する「一つの思い」に共感しかない

Met

Met

2022.01.16 18:00
「雪が降るのを見て、はしゃがなくなったのは...いつからなんだろう」

そんなコメントとともに投稿された4コマ漫画が、ツイッターで話題になっている。

ツキギさんのツイートより
ツキギさんのツイートより

こちらは漫画家のツキギ(槻木こうすけ/@tukigi246)さんが2022年1月6日――関東地方が大雪に見舞われたその日の夜に投稿した作品だ。

雪が降った日。昔はその光景に大はしゃぎだったという。

しかし大人になり、そんな余裕はなくなってしまった。作中の女の子はハラハラ、ソワソワしながら深刻な表情を浮かべる。

「コレ埼京線は遅れてたりするか...?」

雪を楽しむどころか、退勤時に電車が動いているかが心配でたまらないのだ。

このツイートには、こんな反応が。

「雪の降る地域だと大雪予報の前日夜は気が気じゃない...
朝早めに起きて積雪確認必須。除雪の時間考慮しなければいけないのがねぇ...」 「帰宅難民にはなりたくないですものね」
「電車通勤も大変そうですが車通勤は死の危険が」

雪に悩まされる人々から共感の声が多く寄せられている。

非日常に胸を弾ませるのは、若さの特権なのかもしれない。でも気持ちは変われど、いろんな意味で雪には心を奪われっぱなしのようだ。(ライター:Met)

PAGETOP