ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
猛者
あの時はありがとう
自販機
家族

京都市の古い家の軒先にいる、奇怪な顔の男は誰?

ご当地テレビ視聴隊

ご当地テレビ視聴隊

2021.11.07 17:00

[かんさい情報ネットten.―読売テレビ]2021年10月27日放送の「Let's Go若一調査隊」のコーナーでは、京都に伝わる不思議な人物について調査していました。

京都・祇園のメインストリート「花見小路通」を歩いていると、街のいたるところの屋根に「顔に独特の奇怪さ」が感じられる謎の人物の姿が......。

軒先に...誰?(画像はイメージ)
軒先に...誰?(画像はイメージ)

祇園界わいだけでも200体以上、京都全体では商店、住宅街を問わずおよそ3000体があると言われるこの置物の正体は「鍾馗(しょうき)さん」。

京都市内の古い家なら大抵軒先の上に置いてあるという鍾馗さんは、京都の守り神として根付いているとのこと。また、新築マンションに設置されていることもあるそうです。

中国の唐の時代、熱病に侵された玄宗皇帝の夢に鍾馗は登場しました。夢の中で悪戯する小鬼を鍾馗が退治して病気が治ったため、「鍾馗には邪気を払う力がある」と信仰の対象に。夢に見た鍾馗を絵に描かせてそれを魔除け・厄払いとして世に広めたそうです。

その鍾馗が、なぜ京都に多いのでしょうか?

お寺の多い京都ならではの理由が
続きを読む
PAGETOP