ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

寒い冬こそ、外の世界に飛び出さない? 飛騨高山で体も心も整える「GOOD LOCAL」な一泊二日を

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2021.10.05 12:00
提供元:高山市

薬草の力で体の内側から健やかに

15:00 「ひだ森のめぐみ」で薬草茶湯を体験

高山駅から高山本線に乗ること20分弱。「飛騨古川」駅から5分ほど歩くと、薬草体験施設「ひだ森のめぐみ」(営業時間 10:00~16:00)が見えてくる。

多種多様な薬草が展示される

展示されている薬草の標本や絵手紙等を鑑賞したり、薬草商品を購入したりする他、「薬草ワークショップ」の体験もできる。

その中の「ティーセレモニー」は、30~40分のショートコースなら1000円(税込み)で、自分だけの「マイ野草茶」づくりに挑戦できるのだ。

普段はなかなか口にしない「薬草」の効用で、心や体の調子が整うのを実感できるはず。

18:00 奥飛騨温泉郷で1日の疲れを癒やす

奥飛騨の自然の中で、開放感に包まれる

絶景と温泉は、旅行の醍醐味のひとつ。市北東部にある「奥飛騨」エリアの穴場スポット「平湯の湯」(冬季の開設時間 08:00~21:00)には、温泉好きならぜひとも立ち寄っておきたい。

「寸志」(300円程度)で利用できる、日帰りの入浴施設だ。高山駅そばの「高山濃飛バスセンター」から路線バスが出ており、「平湯温泉」まで約1時間。バスは基本的に1時間に1本なので、時刻表を事前にチェックしておこう。

「平湯の湯」は、単純泉と炭酸水素塩泉の泉質で、神経痛や筋肉痛、関節痛、皮膚病等に効能があるほか、美肌効果にも優れている。

茶褐色の特徴的な湯で体の芯から温まった後は、合掌造りの建物の中、畳でゆっくり過ごしたい。

20:30 ホテルアラウンド高山へチェックイン

チェックインは15時~いつでも可能(写真はラ・クレタ提供)

ホテルアラウンド高山へのチェックインは、15時以降であればいつでも可能なのが嬉しい。1階ロビーの機械で行えるので、非常にスムーズだ。

泊まる客室には、飛騨の木でできた家具が。「高山の良さ」に包まれながら、明日に備えてしっかり休もう。

これぞ冬の楽しみ!
続きを読む