ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

「やっと届きました~!」 古民家暮らしの女性が披露したアイテムにネット民戦慄→使い心地を聞いた

井上 祐亮

井上 祐亮

2021.09.24 11:00

肉を簡単に、ほぐせる...!?

話題のアイテムの正体は、ベアクロウ(BEAR CLAW)。直訳すれば、「熊の爪」。

両手に装着し、ステンレス製の爪で、肉を引き裂く調理器具だ。

山奥の古民家で家族と暮らすというゆきあかりさん(30代女性)は一体どんなきっかけで、ベアクロウを購入したのだろうか。

「9月15日が上の娘の誕生日でした。ただ平日なので誕生日パーティーは12日にすることにしました。上の娘と一緒にネットで何を作ろうかと見ていて、娘が『これ食べたい!』と言ったのがプルドポークでした」

プルドポークとは、肉の塊をほろほろになるまで煮込んで、細かくほぐした料理。これを作るために、彼女はAmazonで例のベアクロウを購入したという。

ベアクロウが入っていた箱(画像はゆきあかりさんのツイートから)
ベアクロウが入っていた箱(画像はゆきあかりさんのツイートから)
「もともと塊肉を調理するときにトングやサーバーフォークとスプーンでは支えきれないので、何か便利なものはないかと探していたのも、きっかけの一つです」

とゆきあかりさん。子供と一緒に「わいわいほぐしたり、楽しいだろうなぁ」と思い、ポチったそうだ。

8月下旬には注文したのだが、9月12日の娘さんの誕生日パーティーには間に合わず、誕生日当日の15日に到着。「やっときた〜!」という嬉しさから、すぐ箱から出してツイートしたんだとか。

さて、そのベアクロウの使い心地は、いかがなものなのだろう。

ゆきあかりさんは、よだれ鶏を作ってみたという。

「ここまで使えると思っていなかったので嬉しい誤算です」
続きを読む
PAGETOP