ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

まさに逆転の発想だ...! 「冷蔵庫のズレたロゴ」をオシャレに活かした工夫に反響「これはハイセンス」

井上 慧果

井上 慧果

2021.09.23 17:00

モチーフはやっぱり「アレ」だった

ツイートによると、磁石式のタオル掛けを冷蔵庫につけて使用していたところ、それがロゴに当たって文字の一部がズレてしまったのだという。

それを、こんな風に生まれ変わらせるなんて......。発想力が豊かすぎて脱帽してしまう。

「ゆらゆら(戦前P)」さんのアイデアは、ツイッターで9万2000件を超えるいいねを集める(21日夕時点)ほか、

「これはハイセンス」
「こんなアイデアほしいわ」
「バンクシー現る」
「ちょっとしたユーモアが心にゆとりをくれますね」

と称賛の声が多く寄せらるなど、話題になっている。

17日、Jタウンネット記者の取材に応じた「ゆらゆら(戦前P)」さんによれば、ロゴは数年前からズレてしまっていたそうで、「作品」にする前は、こんな感じだった。

nが...(画像は@hatajirouさん提供)
nが...(画像は@hatajirouさん提供)

「n」の文字がずいぶん下の方までずり落ち、後半の「s」や「e」も少し傾いている。これではとても見栄えが良いとは言えない。

そこで「ゆらゆら(戦前P)」さんが思いついたのが、シールを貼るという方法だった。

「(ロゴを)直そうとしたものの、上手くいかなかったので、違う方法で誤魔化せないかと思ったためです」(「ゆらゆら(戦前P)」さん)

シールはトレーシングペーパーに油性ペンで描いたものをカッターで切り抜き、「ノリで貼っただけ」。デザインについては

「駅構内で見かける『落とし物は駅員が拾います』ということを示したイラストをマネしました」

とのことだった。

ロゴがズレてしまうという少しがっかりな状況も、アイデアひとつでオシャレに逆転。皆さんもおうちの中で「アート」にできそうな場所を探してみるのはいかがだろう。

PAGETOP