ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

広島県に実在する、冗談みたいな名前の通りがこちらです

福田 週人

福田 週人

2021.09.14 17:13
「まさか噂通りだったなんて......」

こんなコメントとともにツイッターに投稿された、ある場所の写真が話題になっている。

一体、なにが「噂通り」だったのだろうか。気になる現場の様子が、こちらだ。

そのまんまだ!(画像はgai@gai_JRSさんのツイートより)
そのまんまだ!(画像はgai@gai_JRSさんのツイートより)

ごくごく一般的な、どこかの街並みの風景。ここはどこなのか。中央に立っている標識を見てみると......

「噂通り」

の文字が。「噂通り」って、そういう名前の通りがあるってことだったのか!

写真に対し、ツイッター上では、

「見たら本当に噂通りだった」
「うまいwww」
「その標識に『ああ!おれは信じてたぞ!!』って声をかけてあげたくなる」

といった声が寄せられている。

話題になっているのは、神奈川県在住のツイッターユーザーのgai(@gai_JRS)さんが21年9月11日に投稿した写真。Jタウンネット記者は投稿者本人と、広島市地域活動支援事業団体「噂通りの会」に取材した。

グーグルマップにも認定

話題の標識があるのは、JR可部駅(広島市)の東付近。gaiさんは11日の朝8時ごろに発見・撮影した。

「旅行ではなく仕事で広島県可部駅を訪れて、深夜に駅近くの『ホテルリッチ』に宿泊したのですが、翌日チェックアウトしてホテルを出たところスグにその標識があって、嬉しくなって写真を撮ったという経緯です。
発見した時は思わず二度見してしまって、こんな愉快な名前の通りがあるのかと楽しくなりました」(gaiさん)

Jタウンネット記者は13日、「ホテルリッチ」のオーナー・支配人で、「噂通りの会」会長を務める大戸由加さんにも話を聞いた。

大戸さんによると、「噂通り」はJR可部駅東口から「ホテルリッチ」までの80メートルほどの通りのことを指している。

「正確には正式な通りの名前というわけじゃなくて、この辺りにあるレストランとか居酒屋とかのお店で構成された商業地としての名前なんです。
20年の1月15日にはグーグルマップにも認定され、名前が記載されました」(大戸さん)

それにしても、一体どうしてこの地域が「噂通り」という名前になったのだろうか。改めて大戸さんに経緯を聞いてみた。

「噂通りに良いお店ばかりだった」から

「もともと可部は大きな商業地として栄えていた町で、昭和の第一回東京五輪の頃は盛り上がりのピークでした。しかし、その後は段々と廃れていき、一時期はほとんど住宅街になっていたんです。
そこで、『可部をもう一度商業の町として盛り上げたい』と思ったのが始まりでした」

と大戸さんは説明する。その町おこしの一環として、19年の夏、自身がオーナー兼支配人を務める「ホテルリッチ」のキャッチコピーの制作を外部のコピーライターのグループに依頼した。

「その際、ライターさんたちに実際に可部に来ていただいて、色々とホテルのことや地元のお店のことなどをプレゼンしたあと、通りにあった全部のお店をハシゴしてもらったんです。
そうしたら、『噂通りに良いお店ばかりだった』といたく喜んでもらえまして、ライターさんの方から、『ホテルではなく、この通り自体に名前を付けた方が町おこしになると思う』と提案されました。同時に『噂通り』という名前も考えてもらって、決定しました」(大戸さん)

その後、20年の4月には名付け親のコピーライターから、記事冒頭の写真にある「噂通り」の標識が送られてきた。現在、標識はホテルリッチの駐車場に置かれたこの一つだけだという。

「り」の文字に鳥のシルエットがある(画像は大戸さん提供)
「り」の文字に鳥のシルエットがある(画像は大戸さん提供)
「今はまだまだ小さな通りですが、今後はもっともっと『噂通り』のエリアを拡大していきたいです」

と語る大戸さん。今回、ツイッターで反響があったことについては、

「ありがたいですし、うれしく思っています。投稿者の方にも感謝しております」

とコメントしている。

PAGETOP