ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

にゃんこたちのクールスポット? コロナ禍で休止された手水舎、最高の形で「有効活用」される

福田 週人

福田 週人

2021.08.06 18:00

休止している手水舎を「別の目的」で使用しているものたちがいる──。

こんなコメントと共に投稿された、ある神社の境内の写真がツイッター上で話題になっている。

手水舎でする事というと、名前の通りお参りの前に水で手を清める事くらい。休止しているとなれば、できることはなさそうだが......一体、誰が何をしているのだろう。

実際の現場の写真が、こちらだ。

ひょこっ、ひょこっ(以下、画像は阿志都弥神社行過天満宮公式アカウントのツイートより)
ひょこっ、ひょこっ(以下、画像は阿志都弥神社行過天満宮公式アカウントのツイートより)

休止中のために水が流れておらず、石造りの水盤の中身も空っぽ。その中からひょっこりと顔を出しているのは、黒猫とキジトラの猫。そう、「別の目的」でここを使っていたのは、彼らだったのだ。

手水舎の屋根で日陰になっている上、石の水盤がひんやりと冷たいのか、まるでお風呂にでも入っているかのようにすっぽりと中に納まっている。ここが彼らにとってのベストポジション、なのだろうか。

こちらの写真に対し、ツイッター上では、

「暑いから石がひんやりして気持ちいいんでしょうね」
「撫でるとご利益がありそうですね」
「さすがはネコさま、涼しい場所を知っている」
「龍神様が、『ええんやで』とニッコリしてるはず!」

といった声が寄せられている。

話題になっているのは、滋賀県高島市にある阿志都弥(あしづみ)神社・行過(ゆきすぎ)天満宮の公式アカウントが2021年8月4日に投稿した写真。Jタウンネット編集部は6日、同神社を取材した。

好きなのは、人が居る場所
続きを読む
PAGETOP