ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

ふっかちゃんに「お小遣い」渡してる...? 深谷にある「渋沢栄一レリーフ」に反響→市にデザインの意図を聞いた

福田 週人

福田 週人

2021.07.15 17:00

2024年に発行される新一万円札の肖像となる、渋沢栄一。

日本初の銀行である第一国立銀行(現在のみずほ銀行)をはじめ、およそ500社もの会社を設立するなど、近代日本経済の父とも呼ばれる偉人だ。

21年2月からは彼の人生を描いたNHK大河ドラマ「青天を衝け」が放送され、出身地である埼玉県深谷市には「渋沢栄一 青天を衝け 深谷大河ドラマ館(以下、大河ドラマ館)」も開設されている。

今回、その大河ドラマ館の前に設置されたとあるレリーフがユニークだと、ツイッターで話題になっている。それが、こちらだ。

ふっかちゃんに渡している?(画像は加治まや@maya_kajiさんのツイートより)
ふっかちゃんに渡している?(画像は加治まや@maya_kajiさんのツイートより)

青い背景のレリーフには、右側に渋沢栄一のデフォルメキャラがおり、その右手には彼の肖像画が印刷された紙幣。

左側には深谷市イメージキャラクターの「ふっかちゃん」。ふたりの上ではお札が白い紙に、そして白いハトへと変わって空へ飛んでいく様子が表現されている。

ただ、二人の立ち位置や札束の持ち方、ふっかちゃんの体勢などから、渋沢栄一がふっかちゃんにお金を渡しているようにも見えてしまった人も多く、ツイッター上では、

「ふっかちゃんが買収されてる(笑)」
「マスコットとしての契約金かな?」
「それもまた経済のひとつの仕組み」

と言った声が寄せられている。

話題になっているのは、モデルでライターの加治まや(@maya_kaji)さんが2021年7月10日に投稿した写真。Jタウンネット記者は14日、本人と深谷市に取材した。

渋沢栄一アンドロイドもいる
続きを読む
PAGETOP