ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
のりものトラブル
実録!ご近所トラブル
クイズ
旅先いい話
地域差・ランキング

「コロナ禍の世の中を、お菓子のチカラで元気にしたい」 お土産の定番銘菓「白い恋人」「萩の月」「博多通りもん」がコラボ開始

大久保 歩

大久保 歩

2021.05.16 11:00

旅行の楽しみの1つといえば、お土産選びだ。

自粛ムードの中、なかなか味わえなくなってしまったが......そんな旅の楽しさを思い出させてくれるようなプロジェクトが始動する。

5月16日――。松尾芭蕉が「奥の細道」に旅立った日にちなんだ「旅の日」に、北海道の「白い恋人」、宮城の「萩の月」、福岡の「博多通りもん」といういずれも非常に有名な3つの銘菓がセットになった「おみやげんきBOX」のオンライン販売が始まるのだ。

地方銘菓の三銃士(画像はプレスリリースより)

「白い恋人」の石屋製菓、「萩の月」の菓匠三全、「博多通りもん」の明月堂は、新型コロナウイルスの感染拡大による観光客の減少という、共通の課題に直面している。

そこで、「コロナ禍で落ち込んだ世の中をお菓子のチカラで元気にしたい」という想いのもと、会社の垣根を越えて手を取り合い、「ニッポンのおみやげんきプロジェクト」を展開。

「おみやげんきBOX」は、その第一弾の企画。同プロジェクトの公式ウェブサイト限定で、販売される。

オリジナルの風呂敷付き(画像はプレスリリースより)

ラング・ド・シャではさんだホワイトチョコレートの味わいがたまらない「白い恋人」、ふんわりした丸いカステラにオリジナルのカスタードがたっぷり入った「萩の月」、そしてやわらかい白あんが癖になるまんじゅう「博多通りもん」。

地方の銘菓といえばたくさんの種類が存在するが、なぜこの3種がコラボしたのだろうか。

Jタウンネット記者は14日、石屋製菓を取材した。

旅のワクワクをおすそわけ
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP