あなたは何回練る? 納豆の食べ方アンケート調査【都道府県別投票】

2017年7月10日 14:00

単なる語呂合わせであるが、7月10日は「納豆の日」だ。関西納豆工業合同組合が1981年に制定した当時は関西限定だったものの、全国納豆協同組合連合会が改めて制定したことで、1992年からは全国的な記念日となったという経緯がある。余談だが、1月10日も糸引き納豆にちなんだ記念日「糸の日」とされている。

納豆の食べ方は、基本の醤油に加えて砂糖や塩、果てはパンやパスタの上など様々だが、共通するのは「練る」という工程だ。

箸でぐりぐりと納豆をかき混ぜるだけのシンプルな作業だが、その回数は人によってまちまち。筆者は20回ほどしか混ぜないが、美食家として知られる北大路魯山人は400回以上混ぜたという説もある。

何回練りますか?(Toshihiro Gamoさん撮影。flickrより)
納豆巻

ちなみに、姉妹サイト「J-CASTニュース」の2017年4月18日の記事によると、全国納豆協同組合連合会の広報担当者は「納豆の混ぜ方には、各人のロマンがある」としつつも、会長・野呂剛弘さんは、タレを入れる前に40回、薬味を入れて20~30回、その後タレを入れて軽く混ぜる、合計で80回前後練るスタイルなのだという。

そこで、読者の皆様にご質問。

「納豆を練る際、何回練る?」

「投票中!」の最新記事

2017/9/17 11:00

この花の名前は?(kennejimaさん撮影、Flickerより) 秋のお彼岸のころに咲く「ヒガンバナ」。この花は、地域によってさまざまな呼び名があり、...

2017/9/12 17:00

懐かしのおもちゃ店、あなたは知っていましたか?(画像はイメージ) このところ、ネット上では10年近く前に姿を消したおもちゃチ...

2017/9/5 11:00

お好み焼き、ピザ切り(hirotomo tさん撮影、Flickrより) みんなでお好み焼きを食べる......、なんと楽しいひとときだろう。プーンと良...

2017/9/4 11:00

「明日」や「明後日」などの近い未来を表す言葉があるが、実はその先、つまり3日後と4日後を表す言葉は地域によって異なることがあるのはご存知だろうか。 ...

2017/9/3 11:00

食パン(TAKA@P.P.R.Sさん撮影、Flickrより) 食パンは、いったい何枚切りがおいしいのだろうか? 関東では6枚切りが主流で、8枚切りも見...

東京都 最新記事
2017/9/19

猪突猛進?狭い所に入りこんで出れなくなった柴犬の様子が面白い。――こんなツイートが2017年9月5日に投稿され、話題になっている。出られなくなってパニック...

2017/9/19

「縞」とはタテまたはヨコに平行する線を連ねた文様のこと。格子も縞の一種で、タテ縞とヨコ縞を組み合わせたものです。線による意匠を古くは「筋」と称しましたが、...

2017/9/19

明治の浮世絵の中で、現代でも一級の芸術作品として認められているのが、「光線画」とよばれる西洋風の風景版画です。本展示では、小林清親の「光線画」時代に描かれ...

2017/9/19

尾形光琳の墨絵を4点展示します。代表作には華やかな作品が多い光琳ですが、光琳は魅力的な墨絵も多く残しています。光琳にしか描けない墨線の美、光琳にしか操るこ...

2017/9/17

最近、行きつけのスナックが、なぜか急に時間制に変更になり、「延長する?」って聞かれ、 カッコつけて「帰る」と言い出さなくて大枚取られた、コラムニストの中丸...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    51
    10年平均比
    -31.17%
    前週比
    +50.00%
  2. 2
    359
    79.05%
    +30.07%
  3. 3
    71
    -40.73%
    +22.41%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
注目情報
ラゾーナ

「ドッキリ」仕掛けるユニーク動画

ラゾーナ

「日本クイズ協会」代表に聞いてみた

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ