「写メ」って言う?言わない?【都道府県別投票】

2017年2月 7日 17:00

もはや携帯電話やスマホにカメラが付いているのは当たり前となったが、カメラ付携帯電話の誕生は世の中に大きな革命をもたらした。

2000年にJ-フォン(現ソフトバンク)から初の内蔵型カメラ付き携帯電話(シャープ製「J-SH04」)が発売され、翌年、「写メール」というキャンペーン名で打ち出したサービスが大ヒット。携帯電話で撮った写真をメールに添付して送る、通称「写メ」だ。いつしか他社のサービスも含め、写真をメールで送ることや携帯電話で写真を撮る行為自体、撮った写真そのものをまとめて「写メ」と呼ぶようになった。

「写メ」って言う?言わない?(画像はイメージです)
「写メ」って言う?言わない?(画像はイメージです)

ところが、この「写メ」という呼称が若者の間では既に使われておらず、死語になっているというのだ。

「写メって死語ですよ」に衝撃走る

これに対し、

など、大人たちを中心に戸惑いや「バリバリ現役」との声が上がり、賛否両論の意見があるようだ。なかにはここ数年でスマホが広く普及し、メール以外にも連絡手段が増えたことから、メールそのものが死語になっているとの指摘もあった。

そこでJタウン研究所では、今でも「写メ」という言葉を用いるかどうかを調査することにした。世代によってどんな違いがあるだろうか。

読者の皆様に質問。

「写メ」って言う?言わない?

以下の選択肢からお答えいただきたい。結果はJタウンネットのシステムで都道府県別に集計する。

「投票中!」の最新記事

2017/8/19 17:00

初さんまが水揚げされたり、キリンが「秋味」の販売を開始したりと、すでに秋の足音が徐々に聞こえ始めた。 ...

2017/8/10 17:00

九州を代表するグルメ「長崎ちゃんぽん」。具だくさんで野菜をたっぷり摂取できることもあり、いまや九州のみならず、日本を代表する麺料理のひとつになりつつある。...

2017/8/9 17:00

からっと衣を揚げた鶏肉に、甘酢をからめて、タルタルソースをかけた「チキン南蛮」。濃厚さの中に、甘酢のサッパリ感を秘めたこの料理は、しっかり食事したい時にも...

2017/8/4 17:00

2017年8月2日、気象庁は、東北・北陸地方と新潟県の梅雨明けを宣言した。昨年と比較して東北では4日、北陸では14日遅い梅雨明けとなったが、この報を受けた...

2017/8/2 14:00

大人も子どもも大好きなスパゲティといえば、ベーコンやウインナーにタマネギ、ピーマン、マッシュルームなどが入ったケチャップ味の「ナポリタン」。昔懐かしい定番...

東京都 最新記事
2017/8/19

初さんまが水揚げされたり、キリンが「秋味」の販売を開始したりと、すでに秋の足音が徐々に聞こえ始めた。東京にあるJタウン研究所としては、7月の猛暑から一転し...

2017/8/19

「女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない。一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのもの...

2017/8/19

紅花ってどんな花?黄色い紅花がどうして紅になるの?江戸時代の女性はどんなお化粧をしていたの?伊勢半本店紅ミュージアムへ初めてお越しの方、解説つきでご見学な...

2017/8/19

今から150年前の慶応3年(1867)、渋沢栄一はフランスのパリにいました。栄一は当時27歳の幕臣で、パリ万国博覧会に参列する将軍徳川慶喜の実弟・昭武に随...

2017/8/19

[OH!バンデス―ミヤギテレビ]2017年8月8日放送の「バンデス記者」のコーナーで、9月10日まで開催されている「リボーンアートフェスティバル」が紹介さ...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    4
    10年平均比
    81.82%
    前週比
    +300.00%
  2. 2
    95
    179.41%
    +58.33%
  3. 3
    583
    1249.54%
    +43.95%
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(28929)
  2. 2

    ↑(303)
  3. 3

    ↑(5127)
  4. 4

    ↑(1338)
  5. 5

    ↑(2355)
注目情報
ラゾーナ
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ