トリックアートが動き出す!『TRICKAR(トリックアール)』アプリが新登場

2017年8月10日 19:30

2017年8月11日

株式会社 エス・デー

トリックアートが動き出す!
『TRICKAR(トリックアール)』アプリが新登場
~トリックアートとAR(拡張現実)のコラボアプリ配信開始~


“TrickArt(トリックアート)”を創造し、企画・制作を行っている株式会社エス・デー(本社:栃木県那須郡、代表:清水 弘)は、トリックアート専用アプリ『TRICKAR(トリックアール)』をリリースしました。精彩に描かれたアナログ作品にデジタルテクノロジーであるAR(拡張現実)を加えることでトリックアートの新しい楽しみ方を提案します。
※『TRICKAR(トリックアール)』アプリは株式会社エス・デーと株式会社アーティフィスとの共同開発によるものです。

昨今、デジタル端末の進化及びSNS浸透など老若男女のライフスタイルは大きく変化しております。誰もが簡単に写真を撮ることができ、気軽に写真の公開ができる時代となり、トリックアートは魅力のあるコンテンツとして幅広く受け入れられてきました。
今後は写真だけでなく、動画でも楽しめる新しいトリックアート作品の一つとして『TRICKAR(トリックアール)』で、多くのお客様に驚きと感動を提供させて頂きます。

■アプリケーションについて

今にも動き出しそうなトリックアートがスマートフォンの中で動き出す!

これまでトリックアートにおける撮影の楽しみ方は作品の前でポーズをとって撮影することで写真として作品(静止画)を作ることでしたが、『TRICKAR(トリックアール)』ではAR映像による演出を動画で撮影することができるため、今まで以上にリアルで面白い動画作品を作ることができるようになります。

作品名:サーフィン(那須とりっくあーとぴあ ミケランジェロ館内)

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708104582-O11-Lk258KNQ

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708104582-O12-1DQ4MY8f

『TRICKAR(トリックアール)』アプリに作品を映すと絵の中のイルカが飛びはね、カモメが飛びまわります。最後には波に飲み込まれてしまう演出もあり、迫力もあります。
また軽快なBGMや波の効果音は臨場感をたっぷり演出してくれることでしょう。実際にあなたがサーファーになりきって、あなただけのサーフィン動画を撮影してください!! 


作品名:巨大ヒーロー(宮交シティー「スーパートリックアート展」内)

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708104582-O13-Y27F1t7Q

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708104582-O14-JV8Q825i
        
この作品では、絵の中の怪獣が炎を吐くなど街を破壊しはじめます。ヘリコプター達が現れ、攻撃をしますが、あなたも巨大ヒーローとなって怪獣と戦ってみませんか!?
ARならではの映像演出で、まるでヒーロー映画の一場面を撮影することができます。見るだけなく、映像に入り込むことで特別な動画をお楽しみください。



■『TRICKAR(トリックアール)』体験可能な施設
1)「那須とりっくあーとぴあ」ミケランジェロ館:展示5作品
2)宮交シティー(宮崎県)「スーパートリックアート展」展示2作品
http://www.miyakocity.com/topics/1417/
※体験出来る作品を随時追加予定


那須とりっくあーとぴあ URL: http://www.trick-art.jp/
宮交シティ URL: http://www.miyakocity.com/topics/1417/

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    4
    10年平均比
    81.82%
    前週比
    +300.00%
  2. 2
    95
    179.41%
    +58.33%
  3. 3
    583
    1249.54%
    +43.95%
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(20)
  2. 2

    ↓(1)
  3. 3

    ↑(3855)
  4. 4

    ↑(42)
  5. 5

    ↑(2344)
注目情報
ラゾーナ
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ