月末・金曜だけとか言わずに... おんせん県の働き方改革「プレミアムフロイデー」

2017年10月20日 17:00

豊富な湯量を誇り、「おんせん県」を自称する大分県が、2017年10月16日、新たなPR動画「プレミアムフロイデー」を公開した。

これまでも、温泉でシンクロナイズドスイミングを披露する「シンフロ」など、温泉を全面に押し出しつつもユニークなPR動画を公開してきたが、今回はミュージカル風で攻めてきた。

大分県提案の「プレミアムフロイデー」(以下、画像は大分県提供)
大分県提案の「プレミアムフロイデー」(以下、画像は大分県提供)

こんな温泉に入ってみたい

忙しいオフィスに現れた1人の女性が

「You don't...have to work so hard.」

ハードワーク、ほどほどに......と高らかに歌い上げて始まるこの動画、突っ込みどころが満載だ。

いつのまにかデスクはお湯の中、受話器からはお湯が飛び出し、スーツのままお湯を浴びてすっかりリラックス......ジャズ風のノリの良い曲とともに動画は進み、ついには「シンフロ」まで飛び出す。

town20171019130630.jpg

歌詞の方も印象的で、「月末・金曜だけとか言わずに早く帰ろう しっかり休もう」「仕事は誰かと代われても 休みは誰とも代われない」など、社会人にとっては魅力的なフレーズが畳み掛けられる。

ユニークなビデオの裏側には何があったのか、Jタウンネットが大分県広報広聴課の担当者に取材したところ、撮影時のことを

「ホテルを3日間借り切って夜間に撮影しました。合宿のようでした」

と振り返り語った。

撮影が行われたのは大分県九重町にある九重星生ホテル。

夜間にしか撮影できないため、昼間に撮影の打ち合わせをじっくりと行い、完成度を高めていったという。

「スーツが裂ける早着替えのシーンでは、いかにスムーズにできるかなど工夫しました」

その甲斐もあってか、映像はテンポよく進み、軽快なダンスやシンフロ、シェフにより見事なジャグリングなど見所が多い仕上がりになっている。

「地元の反応」の最新記事

2018/2/24 11:00

NHKの音楽番組「みんなのうた」に登場した昔懐かしい歌の世界が、東京都内の博物館で再現され、ツイッター上などで感激の声が上がっている。...

2018/2/23 18:00

2018年2月22日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。 「今は、別府行くより、草津行こうぜ。」という広告。一瞬草津が出した挑...

2018/2/23 17:00

無料でできるスマホゲームというと、実際には課金要素が組み込まれており無料ではないことが少なくない。だが、2018年2月23日にリリースされたRPG「言な絶...

2018/2/23 14:00

毎年、2月23日の「富士山の日」には、静岡県民と山梨県民のツイートがやけに増える。というのも、静岡県の一部では学校などが休みになったり、山梨県では一部の施...

2018/2/23 08:00

「銭湯行こう」――。ふとそう思いついても、どこに銭湯があるのかわからず、かといっていちいちネットで検索するのも二の足を踏んでしまう。...

東京都 最新記事
2018/2/24

東京都西部に位置する日野市。立川市と八王子市に挟まれ、中央線の日野駅と豊田駅を擁するのどかな地域だ。そんな日野市にある豊田駅から、八王子駅方面へ向かう途中...

2018/2/24

イベント詳細ページへ会期2018年10月30日(火) ~ 2019年3月3日(日)会場国立科学博物館所在地〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20

2018/2/24

「戦争の残酷さや悲惨さ、軍隊の野蛮さや愚劣さを描きたい」。戦争と軍隊の不条理に耐える初年兵としてこの強い意志を抱いたとき、浜田知明は21歳でした。そして、...

2018/2/24

NHKの音楽番組「みんなのうた」に登場した昔懐かしい歌の世界が、東京都内の博物館で再現され、ツイッター上などで感激の声が上がっている。その歌とは、1984...

2018/2/24

戦後の日本に滞在したアメリカ人鳥類学者、オリバー・L・オースティンJr.は4年間で約1,000点のカラースライドを残しました。本展では、その中から厳選した...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ