知育アプリの世界が現実に? 「Think!Think!」リアルイベントが西伊豆で開催

2017年10月13日 17:00

Googleのアワードでもファイナリスト入り

「Think!Think!」は、花まるラボが手掛ける子供向けの思考力育成アプリ。算数オリンピックや、オンライン算数大会「世界算数」の問題作成、問題集シリーズ「なぞぺ~」の著作がある、花まるラボ代表の川島慶さんが監修。川島さんをはじめ、東大卒精鋭チームが全問題を作成している。日本では無料版を今年3月にリリース後、半年で25万ユーザーを突破している。5月には、全世界のAndroid向けアプリを対象とした「Google Play Awards」で、子供向け部門「Best App for Kids」のファイナリストに選出された。

town20171013165350.jpg

今回の会場となったREN VILLAGEは、三方を山に囲まれて海に面し、船でしかアクセスができないという「秘境」のプライベートキャンプ場だ。

ここを「島」に見たてて、親子で「アタマもカラダも使いきる」ことをコンセプトに、当日は秋晴れの下、アプリに出てくる様々な種類の問題が、西伊豆の自然の中に登場。子供たちはいつもスマホやタブレットに向かって解いている問題を、芝生の上を走り回り、体を動かしながら楽しんだ。

「とおる?」に挑戦する様子
「とおる?」に挑戦する様子

例えば「とおる?」という問題。アプリでは立体が壁の穴を通るかを当てるゲームだが、この島では、切り抜かれたダンボールの形にぴったりはまる物を島中から探してくるというものに。また立体を切った時に、断面の形がどうなるかを考える「きりくちのかたち」は、立方体や三角すいなどの形に加工された大根を、実際に切るという内容となった。

「きりくちのかたち」に挑む子供たち
「きりくちのかたち」に挑む子供たち

このほか、いつもは画面上を指でなぞって進む迷路コンテンツ「じゅんばんひこうき」も、この日は保護者が障害物となり、番号を書かれたフラフープをくぐりながら、ゴールを目指すという、身体をフルに使うものにアレンジ。丸2日間、島に再現されたアプリの世界で子供たちは汗をかきながら、満面の笑みで楽しんだ。

「じゅんばんひこうき」
「じゅんばんひこうき」

アプリだけでなく、外に出て自分の殻を破る体験を

このイベントを企画した花まるラボの担当者は、「アプリは、子供たちの『学ぶ意欲』を高め、思考力を養うには最適なプラットフォームだと思います。ただ、それだけではなく、子ども達に必要なのは外に出て、未知の場所やモノと向き合い、自分自身の殻を破っていくことだと考えます。このイベントは、その象徴的なイベントとして、最大限思考力を刺激しながら、未知の場所で様々なことを体験する、ことをテーマに作り上げました」と語る。

参加した保護者たちは、「子供が目を輝かせて楽しんでいた」「親にとっても、家族の思い出、子供の意外な一面など、かけがえのない体験になった」などと話していた。

53人が参加した
53人が参加した

東京都 最新記事
2018/6/18

大阪府をはじめ関西地方を、通勤・通学の時間帯に大きな地震が襲った。気象庁の発表によると、2018年6月18日7時58分頃、大阪府北部を震源とした最大震度6...

2018/6/17

日本は高齢化が進んでいるが、元気なお年寄りは増えている。地域のために「生涯現役」で活躍していただくのは大変ありがたいことだ。しかし、世代交代となると、なか...

2018/6/17

2019年4月末に天皇陛下が退位し、翌5月1日、新天皇の即位に伴い、元号は変わる。今の元号「平成」と名がつく月日は、2018年で終わることになる。ツイッタ...

2018/6/16

徳島県で毎年8月に行われる伝統芸能「阿波おどり」で、2017年まで行われていた「総踊り」を18年は行わない、と各メディアや公式サイトで伝えられた。例年、一...

2018/6/16

漢字の読み書きなどの能力を計る、漢字能力検定(通称「漢検」)。2018年6月12日、その17年度都道府県別合格率が、日本漢字能力検定協会(京都市)から発表...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ