ロボットのプログラミングを体験! ドコモ、キッザニアに「ロボット研究開発センター」オープン

2017年7月12日 12:47
town20170712122526.jpg

子ども向けの職業体験施設「キッザニア東京」(東京都江東区)と「キッザニア甲子園」(兵庫県西宮市)でNTTドコモが運営する「携帯電話ショップ」パビリオンが、「ロボット研究開発センター」パビリオンに改装された。2017年7月7日に「東京」、10日に「甲子園」でオープンした。

携帯電話やスマートフォンは今や、子どもたちに身近な存在となりつつある。携帯電話販売店の仕事を体験したり(東京)、「キッザニア」館内で使用できる携帯電話を借りたりできるのが、「携帯電話ショップ」の魅力だったが、「ロボット研究開発センター」では、ドコモの対話型AI技術「自然対話エンジン」が組み込まれたロボットのプログラミングを体験できる、さらに高度な職業体験を提供するという。

「キッザニア東京」の「ロボット研究開発センター」の完成予想図
「キッザニア東京」の「ロボット研究開発センター」の完成予想図

新パビリオンでは、子どもたちが白衣をまとった「ロボットプログラマー」として、携帯電話ショップの「受付ロボット」と「窓口ロボット」の動作や発言をプログラミングする。「開発指示書」を参考にしながら、タブレットでプログラムを組み、実際に動作を確認するところまで、約35分間のプログラムだ。

対話型AI技術を搭載したロボットは、どんな「話し声」をしているのだろう――。「キッザニア東京」と「キッザニア甲子園」のツイッターが、ロボットを撮影した動画、写真を公開している。

搭載したAI技術「自然対話エンジン」について、NTTドコモの担当者は

「ドコモの『しゃべってコンシェル』で培った自然言語処理技術を発展させた対話型AI技術で、ロボットやアプリなどさまざまなインターフェースで、用途にあわせたカスタマイズも可能です」

と解説している。

「特集」の最新記事

2018/4/9 22:00

都内の公園トイレには、和式と洋式がそれぞれどれくらいあるのか、それが分かれば、お腹の弱さに悩む人(記者自身含む)の一助になれるのでは――。...

2018/4/3 18:00

ひな祭りといえば通常、3月3日に行われるのが一般的だが、地域によっては、4月3日に行うところもあるようだ。...

2018/4/1 17:00

奈良県・生駒市役所で、2018年4月から、喫煙をした職員に対し、45分間はエレベーターの使用を禁止する取り組みを始める。...

2018/3/26 18:00

2018年3月17日、気象庁は東京都内で桜が観測されたと発表した。...

2018/3/23 17:00

3月も半ばを過ぎ、あと1週間ほどで4月へと突入する。...

東京都 最新記事
2018/4/22

カレーといえば、誰もが一度は食べたことのある馴染み深い料理の一つだ。 家庭では親に作ってもらい、小学校などの給食でも定番メニューだっただろう。 今ではカレ...

2018/4/22

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/4/21

東日本と西日本の違いは特に食べ物関連に表れやすいようだが、「うどんの東西差」といえば、日清の「どん兵衛」に東と西の2パターンの味が用意されている話などでも...

2018/4/21

利行は、関東大震災から太平洋戦争の直前まで、昭和初期の東京を歩き回り、近代化が進む荒川・隅田川沿い、千住のガスタンクやお化け煙突、隅田公園にできたばかりの...

2018/4/20

直前の連絡で申し訳ありませんが、あす2018年4月21日開催の「第3回webメディアびっくりセール」に、Jタウンネットも参加します。今回は、あすスタートの...

注目情報
20180122kitakyushu1.jpg

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ