居酒屋激戦区で「新顔」が生き残るには? 小岩に乗り込んだ「浜焼太郎」に聞いてみた

2016年11月18日 17:45

東京のいちばん東の街・小岩といえば、居酒屋が多く建ち並ぶ、呑兵衛には嬉しい土地である。昭和ムードをどこかに残す、下町情緒漂う街として、最近は外国人観光客も含め、わざわざ出かけてくる人も少なくない。

裏を返せば、お店を出す側からすると「激戦区」だということだ。何か一工夫がないと生き残るのは難しい。

浜焼太郎小岩店
浜焼太郎小岩店

後発組は、はたしてどういう戦略で臨んでいるのだろうか。2016年9月30日、そんな小岩に直営店をオープンしたのが、居酒屋チェーンの「浜焼太郎」である。

小岩のお客は「ハシゴ酒」が多い

浜焼太郎は、その名の通り漁師料理の「浜焼き」を主なメニューとして、来店客が自ら魚介類を焼いて食べる「セルフクック」のスタイルを打ち出し、勢力を拡大してきた。開業から10年、11月時点でフランチャイズを中心に100店舗を展開する。

今回の小岩店は、阿佐ヶ谷店に続く2つめの直営店だ。

town20161118171719.jpg

運営するフードナビ(東京・豊島区)は、Jタウンネットの取材に対し、小岩の客層の特徴として「地域重視」を挙げる。つまり小岩という街に思い入れが強く、「いつも何軒かハシゴ酒をする、という常連客の方が多いんです」。

こうした行動パターンの分析から、2軒め、3軒めとして店を訪れる客を想定し、小岩店では日本酒に力を入れている。人気の「獺祭」を1合800円という価格で提供したり、これからの季節に合う熱燗向けのお酒を仕入れたり。小岩ならではの作戦だ。

「エンターテインメント性」をキーワードに

これまでの浜焼太郎では「海の家」をコンセプトにしていたが、小岩店では店員の制服を藍染めの半纏(はんてん)にするなど和風で、にぎやかなムードを打ち出した。重視するのは、スポットライト付きのオープンキッチンや、店員による積極的なコミュニケーションなどを通じた、「エンターテインメント性」。今後増えるであろう、訪日外国人客の獲得も見据えてのことだ。

オープンから2カ月弱。近所に海鮮料理系の居酒屋が比較的少なかったという事情もあり、小岩のお客たちの「ハシゴ酒」ルートに、うまく加わることができている、と言う。

競争の激しい居酒屋業界。呑兵衛たちが楽しいお酒を飲む裏側には、こうしたお店側の努力がある。

東京都 最新記事
2017/5/26

Jタウン研究所では、「小麦粉団子を入れた汁物」の呼び名について、都道府県別にアンケート調査を行った(総投票数962票、2017年4月14日~5月22日)。...

2017/5/25

満員電車の辛さがヤバいほど分かる画像がUPされ、注目を集めている、こんなツイートが2017年5月13日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな...

2017/5/25

本展「HELLOGINZA!」では、1975年に初めて銀座を訪れた時に撮影された作品から、今年撮影された新作の作品まで、約45点の写真と映像作品をご紹介し...

2017/5/24

2017年5月23日に放送された、TOKYO MX「5時に夢中!」で、北斗晶さんが、カツカレーについての持論を披露した。読売新聞23日付夕刊の記事「カツカ...

2017/5/24

出れないだろうと思った穴から、あっさり出てくる猫の様子が可愛らしい――こんなツイートが2017年5月16日に投稿され、話題になっている。絶対にその穴からは...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    176
    10年平均比
    -36.35%
    前週比
    +114.63%
  2. 2
    2
    185.71%
    +100.00%
  3. 2
    2
    -62.26%
    +100.00%
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(4)
  2. 2

    ↑(1602)
  3. 3

    ↑(17382)
  4. 4

    ↑(1806)
  5. 5

    ↑(14504)
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ