網戸なしで虫よけは大丈夫!? お洒落「古民家カフェ」の縁側で聞いてみた

2017年8月28日 08:21

残暑でまだまだ暑いですね。夏といえば「縁側でスイカ、庭で花火」というのが筆者の幼少期の楽しい思い出。そんな日本の夏の原風景に憧憬を抱きながらも、暑さや蚊の侵入を考えると「窓を大きく開けて過ごすのは無理、一日中エアコン必須」という人は多いでしょう。屋外から風を入れて涼をとるような自然に寄り添った暮らしはどうすれば実現できるのでしょうか。猛暑なのにエアコンも網戸もなし、という日本の原風景を表しているような古民家カフェがあると聞き、夏の過ごし方や防虫対策について伺ってきました。
古民家には網戸がない!? 虫よけ対策はどうしているの?

日本の伝統的な家屋は"夏をもって旨とすべし"と、夏涼しく過ごせるよう開口部を大きく取っているのが特徴です。そうした大きい掃き出し窓などについているのが網戸。虫の侵入を防いでくれる頼もしい存在ですが、網戸があると美しい里山の風景や日本家屋の雰囲気を損ねてしまうのも事実です。

昔の日本家屋は網戸のない家が多く、そうした家がどう防虫対策をしていたかというと、蚊取り線香を焚き、夜には蚊帳を吊ってその中で就寝していました。数は減ったものの、今でもそういった暮らしをしているお宅はあるのではないかと思います。

個人宅ではありませんが、現代でも窓を開け放ち、自然の風で涼をとる暮らしを大切に考えている人たちがいます。例えば「古民家カフェ」。軒数は少ないですが、建物の落ち着いた雰囲気を損なわないよう、網戸もエアコンも付けていないというお店があります。そうした古民家カフェでは、夏の虫よけや暑さ対策はどうしているのでしょうか。3軒のカフェのオーナーに、自然に寄り添った夏の過ごし方やお店づくりへの思いを伺いました。

東京都 最新記事
2018/6/17

日本は高齢化が進んでいるが、元気なお年寄りは増えている。地域のために「生涯現役」で活躍していただくのは大変ありがたいことだ。しかし、世代交代となると、なか...

2018/6/17

2019年4月末に天皇陛下が退位し、翌5月1日、新天皇の即位に伴い、元号は変わる。今の元号「平成」と名がつく月日は、2018年で終わることになる。ツイッタ...

2018/6/16

徳島県で毎年8月に行われる伝統芸能「阿波おどり」で、2017年まで行われていた「総踊り」を18年は行わない、と各メディアや公式サイトで伝えられた。例年、一...

2018/6/16

漢字の読み書きなどの能力を計る、漢字能力検定(通称「漢検」)。2018年6月12日、その17年度都道府県別合格率が、日本漢字能力検定協会(京都市)から発表...

2018/6/16

「6月16日は何の日?」そう聞かれた時、皆さんなら何の日と答えるだろうか。調べてみると、「麦とろの日」「ケーブルテレビの日」「無重力の日」「アフリカの子供...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ