独往の人 會津八一

2018年8月 9日 10:12

   八一が出版した歌集『南京新唱』の自序に、「獨往にして獨唱し、昂々として顧返することなし」とあります。「独往」とは、「他人にたよらず自分の力で歩み進める」の意味で、伝統的な歌壇、書壇の外側で独自の世界を切り関いた、八一の生き方を示す言葉といえるでしょう。1881(明治14)年に新潟市の料亭會津屋の次男として生まれた會津八一は、歌人、俳人、書家、教育者、美術史研究者という様々な顔を持つ、多才な文化人です。八ーと中村屋との関わりは、中村屋創業者相馬愛蔵・黒光夫妻の長男安雄が早稲田中学時代、八一の教え子であったことに始まります。安雄を落第させた八一を相馬夫妻が訪ね、感謝したのです。1945(昭和20)の年3月の空襲では、住居でもあった下落合の秋艸堂(しゅそうどう)が全焼。八一を自宅に招こうとした安雄でしたが、5月に中村屋も罹災したために実現しませんでした。その後、故郷の新潟へ戻りますが、1948年、中村屋が営業を再開し、安雄が社長に就任すると、八一は上京のたびに中村屋を訪れるようになりました。中村屋のお菓子のラベルには八一が揮毫したものがあり、また看板も手掛けています。1949年には中村屋で個展も開催しました。本展では、書家、歌人である會津八一の魅力を紹介するとともに、教育者、東洋美術史家としての八一にも触れ、さらに中村屋との関わりを展観します。【前期】2018年9月15日(土)~10月29日(月)【後期】2018年11月1日(木)~12月9日(日)

イベント詳細ページへ

会期

2018年9月15日(土) ~ 12月9日(日)

会場

中村屋サロン美術館

所在地

〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目26番13号新宿中村屋ビル3階

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/8/20

日本の夏(Thomasさん撮影、Flickrより)にわかに論議を呼んでいるのが、サマータイム制だ。2020年開催予定の東京オリンピックの開催時期に猛暑が予...

2018/8/19

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/8/19

丁度良いスペース? 雪見だいふくの入れ物に入り込むハムスターが可愛い――こんなツイートが2018年7月18日に投稿され、話題になっている。雪見大福になりた...

2018/8/19

「コイン精米機」を知っているだろうか。以下のようなものである。Tzuhsun Hsuさん撮影、Flickrより玄米を精米し、白米へと姿を変える精米機だ。宮...

2018/8/18

投稿者が普段使わないある場所を開けると、ペットが可愛すぎる行動をとり、人気を集めている、こんなツイートが2018年7月11日に投稿され、話題になっている。...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
かき氷

猛暑日に食べたい!山梨県の限定かき氷とは?

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

北九州市

北九州市の「移住体験ツアー」に参加してみました!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ