松浦浩之展 子供の頃、画用紙いっぱいにキャラクターを描くだけで幸せだった。

2018年7月 4日 10:03

   「SUPERACRYLICSKIN―アクリルの肌を持つ新人類」我々が幼い頃から日常的にモニターの向こう側で目にしてきたキャラクターたち。その姿に自然と我々は自身を投影し、共に喜び、時に泣くなど感情移入することで「彼ら、彼女ら」が単なる2次元の記号ではないもはや体温を持った分身である事に気づかされます。縄文時代の土偶や平安時代の鳥獣人物戯画、武者絵や北斎漫画、清方の風俗画や中原淳一に見られるイラストレーションなど、時代の変遷と共に変化してきた日本の人物表現において、この不安定な同時代を生きる松浦浩之の描くキャラクタ―たちはその美術史の末端で我々に何を明示するのでしょうか?松浦浩之氏の描く現在と未来をどうぞご高覧ください。松浦浩之氏が自身のライフワークとなっている「SUPERACRYLICSKIN」をテーマに100号の大作から10号程度の小品まで10余点を展観いたします。また、カリモク家具製の立体(木)作品も1点展示予定です。【会場】東京展=2018年8月8日(水)~27日(月)日本橋髙島屋6階美術画廊X横浜展=2018年9月26日(水)~10月2日(火)横浜髙島屋7階美術画廊

SkyHigh(キャンバスにアクリル、162×162㎝、2018年)

イベント詳細ページへ

会期

2018年8月8日(水) ~ 8月27日(月)

会場

日本橋髙島屋日本橋髙島屋6階美術画廊X

所在地

〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/7/17

シンボルプロムナード公園(東京都港区、江東区)で2018年8月17日~26日の10日間、食フェスとエンターテインメイントバトルが絡み合ったイベント「Fig...

2018/7/16

自然が豊かな「島暮らし」。のんびりできそうで、憧れる人も多いだろうが、もしも、地域に馴染めなかったら、日々の生活はつらいことの連続になることは、容易に想像...

2018/7/15

どんな自然現象? 川に流されていく大量のナス達――こんなツイートが2018年7月5日に投稿され、話題になっている。ナスの集団自殺に遭遇した pic.twi...

2018/7/15

かつては蛇口をひねれば出てくるものは水くらいだったが、いまやうどんだしに桃ジュース、トマトジュース、泡盛まで、各地で多種多様な液体が出てくるようになった。...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
さとふる

クラウドファンディングに「さとふる」が取り組む

中澤裕子

「便利で暮らしやすい街No.1 福岡県北九州市」 厳選いい宿 特別編

北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

Jタウンチャンネル
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ