「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ

2018年6月 7日 10:00

   古来、交通の要所であったとはいえ地方都市のひとつにすぎなかった江戸は、徳川家康(1543-1616)の移封と開府をきっかけに、目まぐるしい発展をとげてゆきました。勢いを増す都市の景気は、絵画制作のかっこうの動機となったとみえ、その活況をとらえるいくつかの絵画が今日に伝わっています。江戸の全容を眺めわたした絵画のうち、「江戸名所図展風」(出光美術館蔵)は、明暦3年(1657)の大火以前の城下をとらえた作例として、つとに知られます。画面のいたるところに描き込まれた人物たちは、さまざまな労働にいそしみ、あるいはにぎやかな歓楽街に集うなど、日々の生活を目いっぱいに認歌しているかのようです。そのきわめて豊かで生き生きとした表現は、屏風の完成からおよそ350年を経たいまなお、鑑賞者の目を楽しませ、また人物とともに配された建造物や自然景観は、現代の東京に暮らす人たちにも身近な共感を呼び起こします。この屏風をめぐっては、近年、注文者や制作の契機について活発な議論が繰り広げられるようになり、平成27年(2015)に国の重要文化財の指定を受けました。この展覧会では、「江戸名所図展風」のほか、江戸の町を題材にした絵画の数々をとおして、画面にみなぎる新興都市の活気を見ていただくとともに、京都の姿をとらえた絵画(洛中洛外図)に替わる新たな都市景観図の成立と展開、その絵画史的な意義について考えます。

イベント詳細ページへ

会期

2018年7月28日(土) ~ 9月9日(日)

会場

出光美術館

所在地

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル9F

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/8/15

東京交通会館(千代田区)で2018年9月14、15日、「人形町酒店presents第3回『ワインフェス』」が開かれる。読売ISの通販サイト「人形町酒店」に...

2018/8/15

「九州あるある」のネタに、男性が台所に立とうとしない、家事を手伝う気配すら見せない、といったことが挙げられる。つい先日も「女性たちが台所で立ち働いているな...

2018/8/15

読売新聞(ウェブ版)が2018年8月13日、JR東日本が山手線や東北新幹線などに自動運転の導入を検討していると報じた。山手線自動運転どうなる?(yagi-...

2018/8/14

森の中で見つけたボトルの中身が神秘的――こんなツイートが2018年7月9日に投稿され、話題になっている。森の中に天然ボトルテラリウムが落ちていた。 pic...

2018/8/14

展示車両に乗って、写真撮影をし、ポストカードにしてプレゼントします。時間は、第1回が午前10時~11時30分。第2回が午後2時~3時30分 。場所は、地下...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
かき氷

猛暑日に食べたい!山梨県の限定かき氷とは?

あやまん

人気Youtuberが親子で北九州2人旅

北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ