生誕120年 中村忠二展 オオイナルシュウネン

2018年6月 5日 10:06

   中村忠二(1898~1975)は、現在の兵庫県姫路市に生まれ、20歳で上京。各地を転々としながら制作を続け、晩年の20年間を練馬区貫井で過ごした作家です。1919年日本美術学校に入学しますが翌年退学、水彩連盟展や光風会、国画会に出品しながら洋画団体「歩人社」や「トアル社」などを結成し、精力的に活動を続けました。交流のあった画家・水波博の影響を受けモノタイプ(ガラスや金属に描画して紙に転写する版画技法)の研究を始め、忠二でなければできないといわれるほどの大作も生み出しました。また詩画の制作にも精力的に取り組み、『蟲たちと共に』『秋冬集』など、生前5冊の詩画集を自費出版しています。自身の絵を前に涙を流す忠二に、妻であり画家であった伴敏子がどうしたのかと尋ねたところ「見ろよ、いい絵だなあ、こんないい絵が描けた時に、泣けないやつがあるかしら」と答えたといいます。切り詰めた生活の中、自身の全てをかけ、しがみつくように日々作品に取り組んだ忠二。一見強く激しい筆致を見せながらも、その繊細で叙情豊かな作品世界は、今もなお多くの人をひきつけています。2018年は生誕120年に当たり、ゆかりの地では初めての展覧会となります。初期の油彩画から、水彩画、版画、詩画まで、約80点をご紹介します。

イベント詳細ページへ

会期

2018年6月22日(金) ~ 7月29日(日)

会場

練馬区立美術館

所在地

〒176-0021 東京都練馬区貫井1-36-16

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/6/23

[ちちんぷいぷい―毎日放送] 2018年6月13日放送の「これどうなん?ニュース10」のコーナーで、父の日について紹介していました。みなさんは、今年の父の...

2018/6/22

お隣さんとの敷地の境界線、はっきりと分かりますか? 今回、ご紹介するご近所トラブルは、お隣さんが建てたブロック塀が、調べてみたら家の敷地にかぶっていたとい...

2018/6/22

「大迫半端ないって」――。2018年6月19日に行われたサッカー・ロシアワールドカップの対コロンビア戦で、大迫勇也選手(28)が73分に決勝点となるゴール...

2018/6/22

ゴールデンタイムにテレビをつけると、クイズ番組をやっていることもしばしば。自然とテレビの前で解答を叫んだり、頭のキレるパネラーに「すごい」などと嘆声を漏ら...

2018/6/22

「ムサコ」とは、どこなのか――?そんなささやかな疑問から始まったアンケート調査に、1つの結論が出た。拮抗したのが、武蔵小金井・武蔵小杉・武蔵小山の3か所。...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
中澤裕子

「便利で暮らしやすい街No.1 福岡県北九州市」厳選いい宿 特別編

北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
バイク買取販売店「バイクパッション」
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ