八木夕菜「NOWHERE」

2018年5月17日 10:03

   八木タ菜はニューョーク・パーソンズ美術大学建築学部を卒業し、建築デザインの仕事に携わった後、2010年から本格的にアーティスト活動を開始。2016年にはKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭にてポートフォリオ・レビューでのハッセルブラッド賞を受賞するほどの実力のある若手アーティストです。自身の心的風景を建築的コンセプチュアルな思考から、写真自体を多次元的視点で構成される環境芸術作品に展開し、感党と概念に裏打ちされた詩的な写真芸術を作り出しています。その作品は、写真をただパネルや額に入れて壁に展示するにとどまらず、展示空間を建築的に構成するかのように、床に置いたり、透明のアクリルの立体を通して視ることで再構成される写真など、写真の持つ様々な表情や見え方を提案し、作品を通じて「視る」という行為の自由さに気づかせてくれます。本展覧会では新作を含む約30点を展示予定。「NOWHERE/NOWHERE」どこにもないようで、いま目の前に在る感覚に浸ることのできる展覧会です。

「崩れゆく世界ナント・サンピエール大聖堂」NantesCathedral-SeriesofCollapsingWorld(2016)algorithmicprogrammingbyMichaelCaseyRehm

イベント詳細ページへ

会期

2018年6月15日(金) ~ 7月8日(日)

会場

ポーラミュージアムアネックス

所在地

〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7ポーラ銀座ビル 3階

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/5/20

「地域金融機関の経営統合については、金融庁による事後的なモニタリングが有効であることを踏まえ、競争当局と金融庁が連携し......」これは有識者による「金...

2018/5/19

地方出身者あるあるといえる現象のひとつが、高校卒業と同時に生まれ育った地域を離れ、大都市の大学に進学、大学卒業後もそのまま就職し、地元に戻らないというパタ...

2018/5/19

本展では、山種美術館が所蔵する江戸時代の浮世絵から近代・現代の日本画まで、水が描かれた作品を厳選し、ご紹介いたします。奥入瀬渓流に取材した奥田元宋(おくだ...

2018/5/19

東京国立近代美術館(MOMAT,千代田区)では、国内最大規模約13,000点の所蔵作品から約200点を厳選して紹介する所蔵作品展「MOMATコレクション」...

2018/5/19

[ドデスカ!‐名古屋テレビ]2018年5月11日放送の「けさの徳ダネ!」のコーナーでは、新施設オープンでニシローランドゴリラのシャバーニも「夏休み」に入る...

注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ